知らないことを書く

あなたが知らないことについて書くことについてのいくつかの考え(まだ)

私はここで一日を締めくくり、ティム・フェリスの「ToolsofTitans」の本を開いたところです。

この本はとてもかっこいいです-多くの非常に成功した人々からの洞察、引用と素晴らしいアドバイスのコレクション。

アドバイスが実用的である場合もあれば、従うのが素晴らしいアドバイスである場合もあり、刺激的な場合もあります。

私はハイライトでいっぱいのいくつかのページを読んで、毎日の知恵の修正を得ました。次に、まだ読んでいないランダムなページを開くと、これが見つかります。

あなたがよく聞く最悪のアドバイスは何ですか? 「あなたが知っていることを書いてください」。なぜ私は私がほとんど知らないことについて書きたいのですか?もっと学ぶために書くことを使いたくないですか?

これはすごいです。

私はこのフレーズを思い付くべきだったと思います。昔と同じですが、どういうわけか、毎日のことを深く考えないことが多いですよね?

だから私はあなたにこれを言わせてください。この小さなブログの文脈では、私が話しているこの小さな技術/プログラミングのニッチでは、私のブログはすべて、私がすでに知っていることについてではなく、常に学習についてのものでした。

Since the early days: the whole reason this blog exists in its current form is that I started documenting my steps into learning Go, back in 2017.

時々何かを発見し、それを忘れる前にすぐに書きます。痕跡を残します。たぶん今から1か月後に同じことをする必要があり、自分の投稿を見つけるでしょう。私がそのことについて書いたことを覚えているなら、それはです。

時々、私は自分のメモにある膨大な数のトピックの1つを調べて、それについて書きます。私はそれについて私ができるすべてを読み、そのトピックについて自分の見解を書きます。

私が書くのが一番好きなのは、個人的に興味のあることです。つまらないトピックについて書いたことは一度もないと思います。かっこいいトピックを選べるときは、退屈なトピックを選ぶ義務はありません。

あなた自身の文章が物事を学ぶのに苦労している誰かを助ける可能性があります。

今では、他の人にも楽しんでもらえるように書いていることが多く、このブログを読んでもらえるのはラッキーなので、何か役に立つものを作ろうと努力しています。

あるトピックについて書くとき、私はその主題について一時的な専門家になることがあります。なぜなら、何かについて書くために、私はそれについてたくさん読むからです。

私の記憶はLIFO(後入先出)の記憶だと思います。今日、おそらく来月、私が学んでいることを忘れてしまうかもしれません。

でも、将来必要になったときのために書き留めておきますので、気にしません。


その他のラボチュートリアル: