JavaScriptで避けるべきこと(悪い部分)

JavaScriptコードを書くときに避けるべきことの簡単なリスト

  • を使用して新しいオブジェクトを作成しないでくださいnew Object()。オブジェクトリテラル構文を使用する{}代わりに。
  • 配列についても同じです。[]以上new Array()
  • ステートメントがブロックを必要とする場合を除いて、ブロックを避けてください(ifswitch、ループ、try)。
  • 内部で割り当てないでくださいifwhileステートメント条件部分
  • 絶対に使用しないでください==そして!=。使用する===そして!==代わりに。
  • 絶対に使用しないでくださいeval。どうして?パフォーマンスの問題(インタープリター/コンパイラーを実行)、セキュリティの問題(ユーザー入力で使用する場合はコードインジェクション)、デバッグの難しさがあります。
  • 絶対に使用しないでくださいwith、スコープチェーンを変更し、混乱の原因となる可能性があるため。
  • 常に関数をに渡すsetTimeoutそしてsetInterval
  • 絶対に使用しないでくださいArray連想配列として、Object代わりに。の一部Arrayその機能を提供するオブジェクトは、実際にはによって提供されますObjectプロトタイプなので、実際に使用できたはずですDate同じことのオブジェクト。
  • 使用しないでください\複数行の文字列を作成するための文字列の最後では、ECMAScriptの一部ではありません。文字列連結を使用する' string1 ' + ' string2 '代わりに
  • 組み込みオブジェクトのプロトタイプは絶対に変更しないでくださいObjectそしてArray。次のような他のオブジェクトの他のプロトタイプを変更しますFunctionデバッグが難しいバグにつながる可能性があるため、注意してください。

私の無料ダウンロードJavaScriptビギナーズハンドブック


その他のjsチュートリアル: