HTTPサーバーを構築する

Node.jsを使用してHTTPサーバーを構築する方法

これは、Node HelloWorldアプリケーションとして使用したHTTPWebサーバーです。Node.jsの紹介

const http = require('http')

const hostname = ‘localhost’ const port = 3000

const server = http.createServer((req, res) => { res.statusCode = 200 res.setHeader(‘Content-Type’, ‘text/plain’) res.end(‘Hello World\n’) })

server.listen(port, hostname, () => { console.log(Server running at http://</span><span style="color:#e6db74">${</span><span style="color:#a6e22e">hostname</span><span style="color:#e6db74">}</span><span style="color:#e6db74">:</span><span style="color:#e6db74">${</span><span style="color:#a6e22e">port</span><span style="color:#e6db74">}</span><span style="color:#e6db74">/) })

簡単に分析してみましょう。私たちは含まれていますhttpモジュール

このモジュールを使用してHTTPサーバーを作成します。

サーバーは、指定されたホスト名でリッスンするように設定されています。localhost、ポート上3000。サーバーの準備ができたら、listenコールバック関数が呼び出されます。

渡すコールバック関数は、着信するすべてのリクエストで実行される関数です。新しいリクエストを受信するたびに、requestイベントが呼び出され、2つのオブジェクトを提供します:リクエスト(http.IncomingMessageオブジェクト)と応答(http.ServerResponseオブジェクト)。

requestリクエストの詳細を提供します。それを介して、リクエストヘッダーとリクエストデータにアクセスします。

responseクライアントに返すデータを入力するために使用されます。

この場合、

res.statusCode = 200

statusCodeプロパティを200に設定して、応答が成功したことを示します。

Content-Typeヘッダーも設定します。

res.setHeader('Content-Type', 'text/plain')

そして、応答を閉じて、コンテンツを引数として追加します。end()

res.end('Hello World\n')

私の無料ダウンロードNode.jsハンドブック


その他のノードチュートリアル: