Next.jsアプリを本番環境にデプロイする

Next.jsアプリの製品版を生成する方法

Next.jsを使用して作成されたアプリを本番環境にデプロイするのは簡単です。これらの3行をに追加しますpackage.json scriptセクション:

"scripts": {
  "dev": "next",
  "build": "next build",
  "start": "next start"
}

使用しましたnpm run dev今まで、nextにローカルにインストールされたコマンドnode_modules/next/dist/bin/next。これにより開発サーバーが起動し、ソースマップそしてホットコードのリロード、デバッグ中の2つの非常に便利な機能。

同じコマンドを呼び出して、Webサイトを構築します。buildフラグ、実行することによりnpm run build。次に、同じコマンドを使用して、本番アプリを起動し、startフラグ、実行することによりnpm run start

これらの2つのコマンドは、サイトの製品版をローカルに正常に展開するために呼び出す必要があるコマンドです。製品版は高度に最適化されており、ソースマップや、エンドユーザーにとって有益ではないホットコードの再読み込みなどの他のものは付属していません。

それでは、アプリの本番デプロイを作成しましょう。以下を使用してビルドします。

npm run build

コマンドの出力は、いくつかのルート(/そして/blog静的HTMLとして事前レンダリングされるようになりましたが、/blog/[id]Node.jsバックエンドによって提供されます。

その後、実行することができますnpm run start本番サーバーをローカルで起動するには:

npm run start

訪問http://localhost:3000アプリの製品版がローカルに表示されます。

私の無料ダウンロードNext.jsハンドブック


その他の次のチュートリアル: