私は本が大好き

私は紙の本のかなり豊富なライブラリを持っています。

それらの多くはプログラミングに関するものです。 30%だと思います。

私はソフトウェア開発に関する本をたくさん購入していました。私は電車に乗って大都市に行き、良い本を見つけることができるとわかっていた大きな図書館に行きました(Linuxがまだ4枚のCDセットで販売されていたとき)。本は基本的に予算内で自分でプログラミングを学ぶ唯一の方法でした。

私の本のかなりの部分は、自己改善、個人の成長についてです。私はこのテーマにとても情熱を注いでいます。

ビジネスについての本。中小企業、および主に単独操作に関する本。しかし、私は一般的なスタートアップ向けの本もかなりの割合で持っています。

いくつかの本は、興味深い人々や企業についての伝記や物語のコレクションです。

いくつかの本は書き方についてです。

いくつかはマーケティングに関するものです。私は単独事業を営んでおり、その存在にはマーケティングについて多くのことを考えることが不可欠です。

ほぼゼロフィクション。

私の本のほとんどは英語で書かれています。それが私が英語を学んだ方法です(私は14歳で英語を学び始めました)。

いくつかは誰もが話している本です。他のいくつかは、絶版だったので私が中古でしか手に入らなかったあいまいな本です。

一部の本はiPadまたはKindleにありますが、私は本当に印刷された形式の本が好きです。

私は自分の本を持ち歩くのが好きです。見たいです。彼らに私を見てもらいたい。私は彼らに囲まれたままでいて、学ぶことや探求することがたくさんあることを思い出させたいと思っています。そして、だまされる時間はありません。

私は自分の本を全部読んだわけではありません。それでも今日、私はたくさんの本を注文しました。

7冊の新しい本。ソロビジネス、個人的な財政の自由、メンタルモデル、ブランディング。

今回はプログラミング関連ではありませんが、プログラミングの本のバッチをすぐに準備しています。プログラミングの本はとても早く期限切れになります、そして私は私が柱と考えるものをすでに手に入れていると思います。しかし、私が見逃しているものは常にあります。

いつの日か、ここで「本」セクションを開始します。おそらく、私が最も好きな本にメモを投稿します。


その他のラボチュートリアル: