Linuxコマンド:env

のクイックガイドenvコマンド、コマンドの実行と環境変数の操作に使用されます

ザ・envコマンドを使用すると、外部環境(現在のシェル)に設定せずに環境変数を渡すことができます。

Node.jsアプリを実行し、を設定するとします。USERそれに可変。

あなたは実行することができます

env USER=flavio node app.js

そしてそのUSER環境変数は、Node.jsアプリからNode経由でアクセスできますprocess.envインターフェース。

コマンドを実行して、すでに設定されているすべての環境変数をクリアすることもできます。-iオプション:

env -i node app.js

この場合、次のようなエラーが発生しますenv: node: No such file or directoryなぜならnodeコマンドに到達できないため、PATH共通パスでコマンドを検索するためにシェルが使用する変数は設定されていません。

したがって、フルパスをに渡す必要がありますnodeプログラム:

env -i /usr/local/bin/node app.js

シンプルで試してみてくださいapp.jsこのコンテンツを含むファイル:

console.log(process.env.NAME)
console.log(process.env.PATH)

出力が表示されます

undefined
undefined

You can pass an env variable:

env -i NAME=flavio node app.js

and the output will be

flavio
undefined

Removing the -i option will make PATH available again inside the program:

The env command can also be used to print out all the environment variables, if ran with no options:

env

it will return a list of the environment variables set, for example:

HOME=/Users/flavio
LOGNAME=flavio
PATH=/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/Library/Apple/usr/bin
PWD=/Users/flavio
SHELL=/usr/local/bin/fish

You can also make a variable inaccessible inside the program you run, using the -u option, for example this code removes the HOME variable from the command environment:

env -u HOME node app.js

The env command works on Linux, macOS, WSL, and anywhere you have a UNIX environment

Download my free Linux Commands Handbook


More cli tutorials: