文字列codePointAt()メソッド

文字列のJavaScriptcodePointAt()メソッドに関するすべてをご覧ください

これは、単一の16ビットUnicodeユニットでは表現できないが、代わりに2が必要なUnicode文字を処理するためにES2015で導入されました。

使用するcharCodeAt()最初と2番目を取得し、それらを組み合わせる必要があります。使用するcodePointAt()1回の呼び出しでキャラクター全体を取得します。

たとえば、この漢字「𠮷」は、2つのUTF-16(Unicode)パーツで構成されています。

"𠮷".charCodeAt(0).toString(16) //d842
"𠮷".charCodeAt(1).toString(16) //dfb7

これらのUnicode文字を組み合わせて新しい文字を作成する場合:

"\ud842\udfb7" //"𠮷"

あなたは同じ結果を得ることができますcodePointAt()

"𠮷".codePointAt(0) //20bb7

これらのUnicode文字を組み合わせて新しい文字を作成する場合:

"\u{20bb7}" //"𠮷"

Unicodeとそれを使用する方法の詳細Unicode and UTF-8

私の無料ダウンロードJavaScriptビギナーズハンドブック


その他のjsチュートリアル: