JavaScriptでの引用

JavaScriptで許可されている引用符とその独自の機能の概要

JavaScriptでは、次の3種類の引用符を使用できます。

  • 一重引用符
  • 二重引用符
  • バックティック

最初の2つは基本的に同じです。

const test = 'test'
const bike = "bike"

どちらを使用してもほとんど違いはありません。唯一の違いは、文字列を区切るために使用する引用文字をエスケープする必要があることです。

const test = 'test'
const test = 'te\'st'
const test = 'te"st'
const test = "te\"st"
const test = "te'st"

常に一方のスタイルともう一方のスタイルを使用することを推奨するさまざまなスタイルガイドがあります。

私は個人的に常に一重引用符を好み、HTMLでのみ二重引用符を使用します。

バックティックは、2015年にES6で導入されて以来、JavaScriptに最近追加されたものです。

それらには独自の機能があります。複数行の文字列を許可します。

複数行の文字列は、通常の文字列を使用して、エスケープ文字を使用することもできます。

const multilineString = 'A string\non multiple lines'

バックティックを使用すると、エスケープ文字の使用を回避できます。

const multilineString = `A string
on multiple lines`

それだけではありません。を使用して変数を補間できます${}構文:

const multilineString = `A string
on ${1+1} lines`

バックティックを利用した文字列(テンプレートリテラルと呼ばれる)については、別の記事で説明します。、それは本質的な詳細にさらに飛び込みます。

私の無料ダウンロードJavaScriptビギナーズハンドブック


その他のjsチュートリアル: