JavaScriptリファレンス:番号

JavaScriptNumberのプロパティとメソッドに関するすべて

この記事では、Number組み込みオブジェクトであり、そのプロパティとメソッドを一覧表示します。

Anumber値は、数値リテラル構文を使用して生成できます。

const age = 36
typeof age //number

またはを使用してNumberグローバル関数:

const age = Number(36)
typeof age //number

追加するとnewキーワード、私たちは得るNumber見返りにオブジェクト:

const age = new Number(36)
typeof age //object

これは、numberタイプ。あなたはオリジナルを手に入れることができますnumberを使用した値valueOf()方法:

const age = new Number(36)
typeof age //object
age.valueOf() //36

プロパティ

  • EPSILON2つの数値間の最小間隔
  • MAX_SAFE_INTEGERJavaScriptが表すことができる最大の整数値
  • MAX_VALUEJavaScriptが表すことができる最大の正の値
  • MIN_SAFE_INTEGERJavaScriptが表すことができる最小の整数値
  • MIN_VALUEJavaScriptが表すことができる最小の正の値
  • NaN「数値ではない」を表す特別な値
  • NEGATIVE_INFINITY負の無限大を表す特別な値
  • POSITIVE_INFINITY正の無限大を表す特別な値

これらのプロパティは、以下の値で評価されます。

Number.EPSILON
Number.MAX_SAFE_INTEGER
Number.MAX_VALUE
Number.MIN_SAFE_INTEGER
Number.MIN_VALUE
Number.NaN
Number.NEGATIVE_INFINITY
Number.POSITIVE_INFINITY
2.220446049250313e-16
9007199254740991
1.7976931348623157e+308
-9007199254740991
5e-324
NaN
-Infinity
Infinity

オブジェクトメソッド

値を渡すこれらのメソッドを呼び出すことができます。

「安全な整数」について触れました。また、MAX_SAFE_INTEGERプロパティとMIN_SAFE_INTEGERプロパティを使用します。安全な整数とは何ですか?これは、IEEE-754倍精度数として正確に表すことができる整数です((2 ^ 53-1)から-(2 ^ 53-1)までのすべての整数)。この範囲外では、整数をJavaScriptで正しく表現できません。コースの範囲外ですがここにその素晴らしい説明があります

インスタンスメソッド

あなたが使用するときnewNumber()関数を使用して値をインスタンス化するキーワードを使用すると、Number見返りにオブジェクト:

const age = new Number(36)
typeof age //object

このオブジェクトは、使用できるいくつかの固有のメソッドを提供します。主に、数値を特定の形式に変換するためです。

  • .toExponential():指数表記で数値を表す文字列を返します
  • .toFixed():固定小数点表記で数値を表す文字列を返します
  • .toLocaleString():数値のローカル固有の規則を含む文字列を返します
  • .toPrecision():指定された精度で数値を表す文字列を返します
  • .toString():指定された基数(基数)で指定されたオブジェクトを表す文字列を返します。 Object.prototype.toString()メソッドをオーバーライドします
  • .valueOf():オブジェクトの数値プリミティブ値を返します

私の無料ダウンロードJavaScriptビギナーズハンドブック


その他のjsチュートリアル: