JavaScriptの字句構造

JavaScriptの構成要素(Unicode、セミコロン、空白、大文字と小文字の区別、コメント、リテラル、識別子、予約語)について詳しく説明します。

Unicode

JavaScriptで書かれていますUnicode。つまり、絵文字を変数名として使用できますが、さらに重要なことは、日本語や中国語など、任意の言語で識別子を記述できることです。いくつかのルールで

セミコロン

JavaScriptには非常にCに似た構文があり、各行の終わりにセミコロンを備えたコードサンプルがたくさんある場合があります。

セミコロンは必須ではありません、JavaScriptは、JavaScriptを使用しないコードでも問題はなく、最近、多くの開発者、特にセミコロンを持たない言語の開発者は、JavaScriptの使用を避け始めています。

複数行にステートメントを入力するなどの奇妙なことをしないようにする必要があります

return
variable

または括弧で行を開始します([または()そしてあなたは99.9%の確率で安全です(そしてあなたのリンターはあなたに警告します)。

それは個人的な好みになります、そして最近私はすることに決めました無駄なセミコロンは絶対に追加しないでください、したがって、このサイトではそれらを表示することはありません。

ホワイトスペース

JavaScriptは空白を意味のあるものとは見なしません。スペースと改行は、好きな方法で追加できますが、理論的には

実際には、明確に定義されたスタイルを維持し、人々が一般的に使用するものを順守し、リンターまたは次のようなスタイルツールを使用してこれを実施する可能性があります。きれい

たとえば、私は常に2文字をインデントするのが好きです。

大文字と小文字を区別

JavaScriptでは大文字と小文字が区別されます。名前の付いた変数somethingとは異なりますSomething

同じことがどの識別子にも当てはまります。

コメント

JavaScriptでは2種類のコメントを使用できます。

/* */

//

最初のものは複数の行にまたがることができ、閉じる必要があります。

2番目は、現在の行の右側にあるすべてのコメントです。

リテラルと識別子

私たちは次のように定義しますリテラルソースコードに記述されている値。たとえば、数値、文字列、ブール値、またはオブジェクトリテラルや配列リテラルなどのより高度な構造。

5
'Test'
true
['a', 'b']
{color: 'red', shape: 'Rectangle'}

アン識別子は、変数、関数、オブジェクトを識別するために使用できる文字のシーケンスです。文字、ドル記号で始めることができます$またはアンダースコア_、および数字を含めることができます。 Unicodeを使用すると、文字は、絵文字など、許可されている任意の文字にすることができます😄。

Test
test
TEST
_test
Test1
$test

ドル記号は一般的に参照に使用されますDOM要素。

予約語

次の単語を識別子として使用することはできません。

break
do
instanceof
typeof
case
else
new
var
catch
finally
return
void
continue
for
switch
while
debugger
function
this
with
default
if
throw
delete
in
try
class
enum
extends
super
const
export
import
implements
let
private
public
interface
package
protected
static
yield

それらは言語によって予約されているからです。

私の無料ダウンロードJavaScriptビギナーズハンドブック


その他のjsチュートリアル: