JavaScript式

式は、評価して値に解決できるコードの単位です。 JSの式は、カテゴリに分類できます。

算術式

このカテゴリの下で、数値に評価されるすべての式を実行します。

1 / 2
i++
i -= 2
i * 2

文字列式

文字列に評価される式:

'A ' + 'string'

一次式

このカテゴリの下には、変数参照、リテラル、および定数があります。

2
0.02
'something'
true
false
this //the current object
undefined
i //where i is a variable or a constant

だけでなく、いくつかの言語キーワード:

function
class
function* //the generator function
yield //the generator pauser/resumer
yield* //delegate to another generator or iterator
async function* //async function expression
await //async function pause/resume/wait for completion
/pattern/i //regex
() // grouping

配列およびオブジェクトの初期化式

[] //array literal
{} //object literal
[1,2,3]
{a: 1, b: 2}
{a: {b: 1}}

論理式

論理式は論理演算子を使用し、ブール値に解決されます。

a && b
a || b
!a

左側の式

new //create an instance of a constructor
super //calls the parent constructor
...obj //expression using the spread operator

を参照してくださいスプレッド演算子チュートリアル

プロパティアクセス式

object.property //reference a property (or method) of an object
object[property]
object['property']

オブジェクト作成式

new object()
new a(1)
new MyRectangle('name', 2, {a: 4})

関数定義式

function() {}
function(a, b) { return a * b }
(a, b) => a * b
a => a * 2
() => { return 2 }

呼び出し式

関数またはメソッドを呼び出すための構文

a.x(2)
window.resize()

私の無料ダウンロードJavaScriptビギナーズハンドブック


その他のjsチュートリアル: