JavaScriptデータ構造:キュー

キューはスタックに似ていますが、挿入ポイントが削除ポイントと異なる点が異なります。

キューの一方の端に追加し、もう一方の端から削除します。

今回は、先入れ先出し(FIFO)と呼びます。

他のキューと同じように、たとえばレストラン、ディスコ、またはコンサートホールに入るのを待っているときなどです。

これは、JavaScriptでのキューの可能な実装です。プライベートクラスフィールド、内部ストレージとして配列を使用します。

class Queue {
  #items = []
  enqueue = (item) => this.#items.splice(0, 0, item)
  dequeue = () => this.#items.pop()
  isempty = () => this.#items.length === 0
  empty = () => (this.#items.length = 0)
  size = () => this.#items.length
}

使用方法は次のとおりです。最初にクラスからオブジェクトを初期化し、次にそのメソッドを呼び出します。

  • enqueue()アイテムを追加するには
  • dequeue()キューからアイテムを取り出すには

例:

const queue = new Queue()
queue.enqueue(1)
queue.enqueue(2)
queue.enqueue(3)
queue.size() //3

queue.dequeue() //1
queue.dequeue() //2
queue.dequeue() //3

私の無料ダウンロードJavaScriptビギナーズハンドブック


その他のjsチュートリアル: