配列JavaScriptデータ構造

配列は、あらゆるプログラミング言語で最も基本的なデータ構造です。

配列は、言語に組み込まれているほとんどの(すべてではないにしても)プログラミング言語で使用できます。

Cのようなほとんどの低レベルプログラミング言語で配列が表すものについて話しましょう。配列はコンピュータメモリ内の連続したセルのセットを表します。

メモリ内のセルから開始して(必要に応じてスプレッドシートのようにセルを視覚化するのに役立ちます)、10個の連続したスロットを取得することで10個のスロットを持つ配列を作成できます。

これにより、最初のスロット#0のメモリアドレスを知り、単に追加するだけで、スロット#2にアクセスするなどの操作を実行できます。2それに。

JavaScriptでは、より高いレベルで動作し、配列は異なる方法で動作します。 Cや他の低水準言語のようにメモリにアクセスできないため、この種の配列計算から抽象化されています。

低水準言語の配列は特定のデータ型を1つしか格納できないため、配列に必要なメモリ量を事前に計算して、配列をホストできるコンピュータメモリ内の場所に安全に格納できます。

JavaScriptでは、配列はあらゆる種類のデータをホストし、それを混合することができます。数値、オブジェクト、そして別の配列を持つことができます。

配列は、次の構文を使用して初期化されます。

const myArray = []

または

const myArray = new Array()

違いはありませんが、私は省略構文を好みます[]

JavaScriptでは、作成時に配列サイズを指定する必要はありませんが、できるやれ:

const myArray = new Array(10)

次に、配列に値を入力できます。

let val = 1
for (const [i, v] of myArray.entries()) {
  myArray[i] = val++
}

以下を使用して、配列の最初の項目を参照できます。

myArray[0]

(インデックスは0)およびインデックス番号をインクリメントすることによる配列内の後続のすべての項目:

myArray[4] //5
myArray[3 + 4] //8

構文を使用して、任意の位置でアイテムの値を変更できます。

myArray[3] = 'Another item'

JavaScriptの配列は内部的にオブジェクトであるため、メソッドがあります。を使用して、配列の最後に1つのアイテムを追加できます。push方法:

myArray.push(11)

を使用して、任意の位置にアイテムを追加できますsplice()メソッド(と混同しないでくださいslice())。

開始時:

myArray.splice(0, 0, 'new item')

インデックス3:

myArray.splice(3, 0, 'new item')

を使用して、配列の最後からアイテムを削除できます。

myArray.pop()

そして最初から使用します

myArray.shift()

配列の長さを確認して、myArray.lengthプロパティ。

そして、ループを使用して配列内のアイテムを反復処理できます。

for (let i = 0; i < myArray.length; i++) {
  console.log(myArray[i]) //value
  console.log(i) //index
}
myArray.forEach((item, index) => {
  console.log(item) //value
  console.log(index) //index
}
let i = 0
while (i < myArray.length) {
  console.log(myArray[i]) //value
  console.log(i) //index
  i = i + 1
}
//iterate over the value
for (const value of myArray) {
  console.log(value) //value
}

//get the index as well, using entries() for (const [index, value] of myArray.entries()) { console.log(index) //index console.log(value) //value }

私の無料ダウンロードJavaScriptビギナーズハンドブック


その他のjsチュートリアル: