JavaScript配列の紹介

JavaScriptの重要な構成要素である配列の穏やかな紹介

配列は要素のコレクションです。

JavaScriptの配列はタイプ自分自身で。

配列はオブジェクト

空の配列は、次の2つの方法で初期化できます。

const a = []
const a = Array()

1つ目は、配列リテラル構文。 2つ目は、Array組み込み関数を使用します。

次の構文を使用して、配列を事前に入力できます。

const a = [1, 2, 3]
const a = Array.of(1, 2, 3)

配列は、さまざまなタイプの値であっても、任意の値を保持できます。

const a = [1, 'Flavio', ['a', 'b']]

配列を配列に追加できるため、非常に便利なアプリケーション(行列など)を持つ多次元配列を作成できます。

const matrix = [
  [1, 2, 3],
  [4, 5, 6],
  [7, 8, 9]
]

matrix[0][0] //1 matrix[2][0] //7

ゼロから始まるインデックスを参照することで、配列の任意の要素にアクセスできます。

a[0] //1
a[1] //2
a[2] //3

この構文を使用して、新しい配列を値のセットで初期化できます。この構文では、最初に12個の要素の配列が初期化され、各要素に次の要素が入力されます。0数:

Array(12).fill(0)

配列をチェックすることで、配列内の要素の数を取得できます。lengthプロパティ:

const a = [1, 2, 3]
a.length //3

配列の長さを設定できることに注意してください。アレイの現在の容量よりも大きな数を割り当てても、何も起こりません。より小さな番号を割り当てると、配列はその位置でカットされます。

const a = [1, 2, 3]
a //[ 1, 2, 3 ]
a.length = 2
a //[ 1, 2 ]

配列にアイテムを追加する方法

を使用して、配列の最後に要素を追加できます。push()方法:

a.push(4)

を使用して、配列の先頭に要素を追加できます。unshift()方法:

a.unshift(0)
a.unshift(-2, -1)

配列からアイテムを削除する方法

配列の最後からアイテムを削除するには、pop()方法:

a.pop()

配列の先頭からアイテムを削除するには、shift()方法:

a.shift()

2つ以上の配列を結合する方法

を使用して複数のアレイを結合できますconcat()

const a = [1, 2]
const b = [3, 4]
const c = a.concat(b) //[1,2,3,4]
a //[1,2]
b //[3,4]

また、使用することができます展開する演算子(...) この方法では:

const a = [1, 2]
const b = [3, 4]
const c = [...a, ...b]
c //[1,2,3,4]

配列内の特定のアイテムを見つける方法

あなたは使用することができますfind()配列のメソッド:

a.find((element, index, array) => {
  //return true or false
})

trueを返す最初のアイテムを返します。要素が見つからない場合はundefinedを返します。

一般的に使用される構文は次のとおりです。

a.find(x => x.id === my_id)

上記の行は、配列内の最初の要素を返します。id === my_id

findIndex()と同様に機能しますfind()、ただし、trueを返す最初のアイテムのインデックスを返します。見つからない場合は、-1

a.findIndex((element, index, array) => {
  //return true or false
})

別の方法はincludes()

a.includes(value)

次の場合にtrueを返しますa含まれていますvalue

a.includes(value, i)

次の場合にtrueを返しますa含まれていますvalueポジション後i

私の無料ダウンロードJavaScriptビギナーズハンドブック


その他のjsチュートリアル: