HTTPリクエストヘッダーリスト

すべてのHTTPリクエストには、必須およびオプションのヘッダーのセットがあります。この投稿は、それらすべてのヘッダーをリストし、それらを説明することを目的としています。

標準ヘッダー

目的

A-IM: feed

応答で受け入れられるインスタンス操作。で定義RFC 3229

受け入れる

Accept: application/json

メディアタイプ/受け入れ可能なタイプ

Accept-Charset

Accept-Charset: utf-8

許容できる文字セット

Accept-Encoding

Accept-Encoding: gzip, deflate

受け入れ可能なエンコーディングのリスト

受け入れる-言語

Accept-Language: en-US

受け入れ可能な言語のリスト

承認-日時

Accept-Datetime: Thu, 31 May 2007 20:35:00 GMT

日時が過ぎる前にリソースの過去のバージョンをリクエストする

Access-Control-Request-Method

Access-Control-Request-Method: GET

で使用されるCORSリクエスト

Access-Control-Request-Headers

Access-Control-Request-Headers: origin, x-requested-with, accept

で使用されるCORSリクエスト

承認

Authorization: Basic 34i3j4iom2323==

HTTP基本認証資格情報

キャッシュ制御

Cache-Control: no-cache

キャッシュルールを設定する

接続

Connection: keep-alive

現在の接続の制御オプション。受け入れるkeep-aliveそしてclose。で非推奨HTTP/2

コンテンツの長さ

Content-Length: 348

リクエスト本文の長さ(バイト単位)

コンテンツタイプ

Content-Type: application/x-www-form-urlencoded

リクエストの本文のコンテンツタイプ(POSTおよびPUTリクエストで使用されます)。

Cookie: name=value

クッキーの詳細を見る

日付

Date: Tue, 15 Nov 1994 08:12:31 GMT

リクエストが送信された日時

期待する

Expect: 100-continue

これは通常、大きなリクエスト本文を送信するときに使用されます。サーバーが戻ってくることを期待しています100 Continueリクエストを処理できる場合はHTTPステータス、または417 Expectation Failedそうでない場合

転送

Forwarded: for=192.0.2.60; proto=http; by=203.0.113.43

HTTPプロキシを介してWebサーバーに接続しているクライアントの元の情報を開示します。プライバシーに配慮した情報を開示するため、テスト目的でのみ使用されます

から

From: [email protected]

リクエストを行ったユーザーのメールアドレス。たとえば、ボットの連絡先メールアドレスを示すために使用されます。

ホスト

Host: flaviocopes.com

サーバーのドメイン名(仮想ホスティングを使用するサーバーを決定するために使用)、およびサーバーがリッスンしているTCPポート番号。ポートを省略すると、80が想定されます。これは必須のHTTPリクエストヘッダーです

If-Match

If-Match: "737060cd8c284d8582d"

与えられた1つ(または複数)ETags、サーバーは、現在のリソースがこれらのETagの1つと一致する場合にのみ、応答を返送する必要があります。主にPUTメソッドで使用され、ユーザーが最後にリソースを更新してからリソースが変更されていない場合にのみリソースを更新します。

変更された場合-以降

If-Modified-Since: Sat, 29 Oct 1994 19:43:31 GMT

を返すことができます304 Not Modifiedその日付以降コンテンツが変更されていない場合の応答ヘッダー

If-None-Match

If-None-Match: "737060cd882f209582d"

許可します304 Not Modifiedコンテンツが変更されていない場合に返される応答ヘッダー。の反対If-Match

If-Range

If-Range: "737060cd8c9582d"

ダウンロードを再開するために使用され、条件が一致する場合は部分的(ETagまたは日付)を返し、一致しない場合は完全なリソースを返します。続きを見る

If-Unmodified-Since

If-Unmodified-Since: Sat, 29 Oct 1994 19:43:31 GMT

指定された時間以降にエンティティが変更されていない場合にのみ、応答を送信します

マックスフォワード

Max-Forwards: 10

プロキシまたはゲートウェイを介してメッセージを転送できる回数を制限する

原点

Origin: http://mydomain.com

現在のドメインを送信して、CORSOPTIONS HTTPリクエストで使用されるリクエスト(サーバーにAccess-Control-レスポンスヘッダーを要求するため)

プラグマ

Pragma: no-cache

HTTP /1.0キャッシュとの下位互換性のために使用されます

プロキシ認証

Proxy-Authorization: Basic 2323jiojioIJOIOJIJ==

プロキシに接続するための認証資格情報

範囲

Range: bytes=500-999

リソースの特定の部分のみをリクエストする

リファラー

Referer: https://flaviocopes.com

現在要求されているページへのリンクがたどられた前のWebページのアドレス。

TE

TE: trailers, deflate

クライアントが受け入れることができるエンコーディングを指定します。許容値:compressdeflategziptrailers。のみtrailers is supported in HTTP/2

ユーザーエージェント

User-Agent: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_12_6) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/67.0.3396.99 Safari/537.36

ユーザーエージェントを識別する文字列

アップグレード

Upgrade: h2c, HTTPS/1.3, IRC/6.9, RTA/x11, websocket

Ask the server to upgrade to another protocol. Deprecated in HTTP/2

経由

Via: 1.0 fred, 1.1 example.com (Apache/1.1)

リクエストの送信に使用されたプロキシをサーバーに通知します

警告

Warning: 199 Miscellaneous warning

メッセージのステータスで発生する可能性のある問題に関する一般的な警告。受け入れる値の特別な範囲。

非標準ヘッダー

広く使用されている非標準ヘッダーもいくつかあります。

Dnt

DNT: 1

有効にすると、サーバーにユーザーを追跡しないように要求します

X-Requested-With

X-Requested-With: XMLHttpRequest

識別しますXHRリクエスト

X-CSRF-Token

X-CSRF-Token: <TOKEN>

CSRFを防ぐために使用されます


その他のネットワークチュートリアル: