ローカルSSL証明書を生成する方法

注:これらのコマンドはmacOSで実行しました。 Linuxも同じように機能するはずです。 Windowsについては保証しません。

プロジェクトのルートフォルダーで、次のコマンドを実行します。

openssl req -x509 -newkey rsa:2048 -keyout keytmp.pem -out cert.pem -days 365

今すぐ実行:

openssl rsa -in keytmp.pem -out key.pem

これでファイルができましたcert.pemそしてkey.pemフォルダ内。

Express / Node.jsでは、次のコードを使用して証明書とキーをロードできます。

const fs = require('fs')
const https = require('https')
const app = express()

app.get(’/’, (req, res) => { res.send(‘Hello HTTPS!’) })

https.createServer({ key: fs.readFileSync(‘key.pem’), cert: fs.readFileSync(‘cert.pem’) }, app).listen(3000, () => { console.log(‘Listening…’) })

使用している場合create-react-app、 変更startのスクリプトpackage.jsonファイル先:

"start": "export HTTPS=true&&SSL_CRT_FILE=cert.pem&&SSL_KEY_FILE=key.pem react-scripts start",

Look at your framework/library documentation on the instructions on how to pass the certificate and key to the app.


More network tutorials: