Goでの環境変数の使用

標準ライブラリのおかげで、Goを使用した環境変数の解析は簡単です。osパッケージ。

os.Getenv() 取得環境変数。設定されていないか空であるかを判別することはできません。使用するos.LookupEnv()それができるように。

name := os.Getenv("NAME")

os.Setenv() セット環境変数。

os.Setenv("NAME", "Flavio")

os.Unsetenv() 設定解除環境変数。

os.Unsetenv("NAME")

os.Clearenv() すべての設定を解除します環境変数。

os.Clearenv()

os.Environ()を返しますスライスのすべての環境変数を含む文字列のkey=valueフォーマット。

vars := os.Environ()

os.ExpandEnv()与えられた文字列、$ VARを展開します対応する値への環境変数エントリ。

s := os.ExpandEnv("$NAME is italian")

os.LookupEnv()設定されている場合は最初のパラメーターで環境変数の値を返します。設定されていない場合、2番目のパラメーターはfalseです。未設定の値と空の値を区別できます。

name, ok := os.LookupEnv("NAME")

その他のチュートリアル: