Expressで静的資産を提供する

Expressのフォルダーから静的アセットを直接提供する方法

画像やCSSなどをに含めるのが一般的ですpublicサブフォルダー、およびそれらをルートレベルに公開します。

const express = require('express')
const app = express()

app.use(express.static(‘public’))

/* … */

app.listen(3000, () => console.log(‘Server ready’))

あなたが持っている場合index.htmlファイルにpublic/、ルートドメインのURLにアクセスすると提供されます(http://localhost:3000

私の無料ダウンロードExpress.jsハンドブック


より明確なチュートリアル: