インストール後のDockerの最初のステップ

あなたが完了した後Dockerのインストール作成の最初のステップをガイドする新しいウィンドウが必要です画像そしてコンテナDockerを使用する場合:

これは、最初のイメージをダウンロードしてコンテナーとして実行する方法を習得するための興味深い方法です。

このアプリに組み込まれている右側のターミナルでコマンドを実行できますが、私は自分のシェルで実行することを好みます。

macOSターミナルを開いて、実行しますcd dev私の家に入るdevフォルダ、そして私は作成しますdockerすべてのDocker実験をホストするサブディレクトリ。走るcd dockerそれに入るために、そして私は走ります

git clone https://github.com/docker/getting-started

このコマンドは新しいを作成しましたgetting-startedリポジトリの内容を含むフォルダhttps://github.com/docker/getting-started

このフォルダから、コマンドを実行しますdocker buildこの方法では:

docker build -t docker101tutorial .

これにより、現在のフォルダのコンテンツからタグ名を使用してイメージが作成されます。docker101tutorial

これはDockerfileです

*# Install the base requirements for the app.*
*# This stage is to support development.*
FROM python:alpine AS base
WORKDIR /app
COPY requirements.txt .
RUN pip install -r requirements.txt

# Run tests to validate app FROM node:12-alpine AS app-base WORKDIR /app COPY app/package.json app/yarn.lock ./ RUN yarn install COPY app/spec ./spec COPY app/src ./src RUN yarn test

# Clear out the node_modules and create the zip FROM app-base AS app-zip-creator RUN rm -rf node_modules &&
apk add zip &&
zip -r /app.zip /app

# Dev-ready container - actual files will be mounted in FROM base AS dev CMD [“mkdocs”, “serve”, “-a”, “0.0.0.0:8000”]

# Do the actual build of the mkdocs site FROM base AS build COPY . . RUN mkdocs build

# Extract the static content from the build # and use a nginx image to serve the content FROM nginx:alpine COPY --from=app-zip-creator /app.zip /usr/share/nginx/html/assets/app.zip COPY --from=build /app/site /usr/share/nginx/html

ご覧のとおり、1つだけでなく、3つのベースイメージからイメージを作成します。python:alpinenode:12-alpineそしてnginx:alpine

あなたが走るときdocker build -t docker101tutorial .、最初のベースイメージをダウンロードすることから始まります。

次に、Dockerfileで定義したすべてのコマンドを実行します。

それは私たちが最後に到達するまで続きます:

これで画像ができましたdocker101tutorialこのイメージに基づいてコンテナを実行できます。

コマンドを実行しますdocker runそれらの属性を持つ:

docker run -d -p 80:80 --name docker-tutorial docker101tutorial

We’re using the option -d to run the container in background and print the container ID. If you miss this flag, you will not immediately get back to the shell until the container exits (but if it’s long-lived, for example it runs a service like a Node app or something, it will not exit automatically).

The -p option is used to map port 80 of the container to the host machine port 80. The container exposes a Web server on port 80, and we can map ports on our computer to ports exposed by the container.

--name assigns a name to the container, and finally we have the image name (docker101tutorial) we should use to create the container.

If you have any doubt about a command option, run docker <command> --help, in this case docker run --help and you’ll get a very detailed explanation:

This command is very fast and you’ll get the container ID back:


More docker tutorials: