C文字列の概要

C文字列の紹介

Cでは、文字列は1つの特別な種類ですアレイ:文字列はの配列ですchar値:

char name[7];

紹介しましたcharタイプを紹介したときのタイプですが、要するに、ASCIIチャートの文字を格納するために一般的に使用されます。

文字列は、通常の配列を初期化するのと同じように初期化できます。

char name[7] = { "F", "l", "a", "v", "i", "o" };

または、文字列リテラル(文字列定数とも呼ばれます)を使用すると、二重引用符で囲まれた文字のシーケンスがより便利になります。

char name[7] = "Flavio";

あなたは経由で文字列を印刷することができますprintf()を使用して%s

printf("%s", name);

「Flavio」の長さが6文字であることに気づきましたが、長さ7の配列を定義しました。どうして?これは、文字列の最後の文字が0値、文字列ターミネータ、そしてそれのためのスペースを作らなければなりません。

これは、特に文字列を操作するときに覚えておくことが重要です。

文字列の操作について言えば、Cによって提供される重要な標準ライブラリが1つあります。string.h

このライブラリは、文字列の操作に関する低レベルの詳細の多くを抽象化し、便利な関数のセットを提供するため、不可欠です。

上に追加することで、プログラムにライブラリをロードできます。

#include <string.h>

これを行うと、次の機能にアクセスできます。

  • strcpy()文字列を別の文字列にコピーするには
  • strcat()文字列を別の文字列に追加するには
  • strcmp()2つの文字列が等しいかどうかを比較する
  • strncmp()最初を比較するn2つの文字列の文字
  • strlen()文字列の長さを計算するには

そしてもっとたくさん。

これらすべての文字列関数を個別のブログ投稿で紹介しますが、それらが存在することを知っているだけです。

私の無料ダウンロードCハンドブック


その他のclangチュートリアル: