Arduinoプロジェクト:LEDを点滅させる

Arduinoを紹介しましたArduinoの紹介

このチュートリアルでは、最初のArduinoプロジェクトをビルドしたいと思います。 LEDライトのオンとオフを切り替えます。

最初のArduinoプログラムを作成する方法、USB経由でArduinoボードにアップロードする方法、およびデジタルI / Oピンに書き込む方法を学習します。

これは非常に単純なプロジェクトですが、初めての場合はArduinoについて多くのことを学ぶことができます。

を使用してチュートリアルを行いますArduino Uno rev 3クローンボード。

すでにArduinoボードをお持ちの場合は、お持ちのボードを使用できます。ここで注意すべき重要なことは、ボードは5V I / Oピンで動作する必要があるということです。

一部のボード、たとえばArduino MKR WiFi 1010は、3.3VI / Oピンでのみ動作します。それがあなたのボードなら問題ありませんが、この違いがあることに注意してください電圧

これがボードです:

USB-Bポートまたはバッテリーで電力を供給できます(推奨入力電圧は7-12Vであるため、9Vバッテリーが最適です)。

片側に電源ピンとアナログI / Oピンのセットがあります。

そして反対側のデジタルI / Oピンのセット:

LEDを点灯させる簡単な回路を作りましょう。 1kΩの抵抗、黄色の5mm LEDを使用し、それに接続します-そして+いつものように:

ザ・+そして-5VとGNDを提供するArduinoの電源ピンに接続されています:

ご覧のとおり、Arduinoにバッテリーで電力を供給するとLEDが点灯します。

この回路では、Arduinoはバッテリーから供給される入力の9Vを5Vにスケーリングする以外に何もしません。

最初のArduinoプログラムを書いて、LEDを点滅させましょう。

そのためには、まずArduinoIDEをコンピューターにインストールする必要があります。

に移動https://www.arduino.cc/en/softwareオペレーティングシステムのバージョンを選択します。

ソフトウェアがダウンロードされた後、macOSでは移動する必要がありますArduinoあなたのアプリApplicationsフォルダ。チェックしてくださいウィンドウズそしてLinuxインストール手順。

プログラムを起動すると、空白のプログラムが表示されます。

で述べたようにArduinoプログラミング言語の紹介チュートリアル、setup()関数は、プログラムの開始直後に1回実行されます。これは、通常、たとえばピンモードを設定する場所です。

ザ・loop()関数はループ内で永久に継続的に実行されます。

このプログラムでは、最初にデジタルI / Oピン番号13を出力ピンとして設定します。

#define LED_PIN 13

void setup() {
    // Configure pin 13 to be a digital output
    pinMode(LED_PIN, OUTPUT);
}

その後、loop()Arduinoに高レベルの張力(5V)を書き込み、1秒間待機し、低レベルの張力(0V =グラウンド)を書き込み、1秒間待機してから、永久に繰り返すように指示します。

void loop() {
    digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
    delay(1000);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    delay(1000);
}

HIGHそしてLOWArduinoプログラムでデフォルトで使用できる定数です。

digitalWrite()特定のデジタル出力ピンにHIGHまたはLOW値を書き込みます。パラメータとしてピン番号とHIGHまたはLOWを渡します。

delay()パラメータとして指定されたミリ秒数の間、プログラムを一時停止します。

プログラムを初めて起動するときは、でArduinoボードを選択する必要があるかもしれません。Tools -> Portメニュー。

Arduinoがコンピューターに接続されていることを確認してください。

USB-Cポート付きのMacBookProを使用していますが、ArduinoにはUSB-Bポートがあるので、アダプターを使用します。

プログラムをコンパイルしてArduinoに書き込む前に、ファイルを保存する必要があります。どこにでも保存できます。私は作成しましたArduinoDocumentsフォルダーにフォルダーがあり、作成したすべてのArduinoプログラムを保存する場所があります。

[アップロード]ボタン(右矢印が付いているボタン)をクリックすると、プログラムがコンパイルされ、Arduinoにインストールされます。 LEDが点滅し始めます。

USBケーブルをコンピューターから外すと、Arduinoに電力が供給されなくなったため、LEDがオフになります。

ただし、USBケーブルを通常のUSB充電器に接続すると、LEDが点滅します。コンピューターはもう必要ありません。 Arduinoは、ロードしたプログラムを実行します。このプログラムだけで、他のソフトウェアは実行されていません。

そして、電源が入るとすぐに、プログラムが起動して実行されます。


その他の電子機器チュートリアル: