Arduino作成プラットフォーム

Arduino Createは、ブラウザで直接コードを記述およびコンパイルできるクラウドエディタです。

で入手可能http://create.arduino.cc、それは本当に素晴らしいツールです。

この投稿では、Webエディターについて説明します。

これを使用すると、Arduinoプログラムを作成するためにコンピューターに何もインストールする必要はありません。ただし、コンピューターに接続されているボードを「見る」ためのプラグインを除きますが、それ以外はすべて自動的に更新され、セットアップはゼロです。 Arduinoですばやく習得するのに最適です。

それは無料で、寛大な無料枠があり、クラウドツールであるため、自動バックアップとクロスデバイスの使用を提供し、Windows、Mac、およびLinuxで動作します。

また、ProjectHubでプログラムを共有することもできますhttps://create.arduino.cc/projecthub、プロジェクトを共有できる(そして他の人が作成したものを見ることができる)場所。

サインアップすると、前述のプラグインをインストールするように求められます。プラグインを実行すると、既にセットアップされています。

に向かいますhttps://create.arduino.cc/editor、その後すぐに新しいものが表示されますスケッチ、Arduinoがプログラムに付ける名前:

上部には、USBポートに接続したArduino Unoがすでに認識されていることがわかります(/dev/cu.usbmodem14301線はUSBポートを示します)。 Arduinoボードを自動的に認識します。

左側にサイドバーがあります。

ザ・Examplesメニューには、ソースコード、手順、場合によっては回路図や回路図を含む、事前に作成された多くの例が一覧表示されます。

この同じ[例]メニューには、Arduinoライブラリによって提供される例を一覧表示する便利な[ライブラリから]タブがあります。

ザ・Librariesメニューには、公式のArduinoライブラリに加えて、コミュニティから提供された多数のライブラリが一覧表示されます。

良い点は、ライブラリをお気に入りとしてマークして、非常に簡単に見つけることができることです。

サイドバーの4番目の項目は、シリアルモニターです。これは、Arduinoプログラムから情報をデバッグおよび取得する(およびボードにも情報を送信する)ための非常に便利なツールです。

次に、インラインヘルプがあります。このヘルプには、いくつかのチュートリアル、設定、およびストレージのコンパイル時間やプロジェクトの数などの機能の使用割り当てが含まれています。

1日あたり100MBのストレージ、100のスケッチ、200のコンパイル時間の制限があります。その後、月額$ 6.99の有料プランにアップグレードできます。これには、別の投稿で説明する高度なIoT機能も含まれています。


その他の電子機器チュートリアル: